AMラジオを聴いてます!番組以外の私の楽しみはラジオショッピング

ラジオショッピングを行う通販会社のメリットは、テレビショッピングと比較すると、購入者も「ラジオを聴いて自分のイメージで注文したから、ある程度違うこともある」と承諾しているのか、注文した商品が着いた時に、「イメージしていたものと違う」などといったトラブルは少なくテレビショッピングより返品に至ることは少ないといわれています。ラジオショッピングを放送する通販企業も、ラジオ放送は比較的少ない予算で始めることができる特長があるので、大企業から中小企業まで様々な規模の企業が参入しています。
通信販売とは、小売業態の内の無店舗販売の一つです。お店ではなく、媒体を使って商品やサービスをそれぞれの通信手段で注文を受けることです。

近年ではインターネットが普及したことで通信販売といえば、ウェブサイトによるものをさすことがあります。昨今での通販業者は、無店舗業者だけにとどまらず種々雑多です。
ラジオショッピングで購入したドライブレコーダー。やっと来ました!配達時間の指定を午前中にしていたため、朝一番から心待ちにしていたのですが、佐川急便のドライバーが来たのが正午前でした。まあ、午前中は午前中ですよね・・・。

代引きのお金を払って無事受け取りました。早速、車に付けようと思います。

朝一番で来てくれていたら、午後からは出かけられていたのに、お昼をとっくに過ぎてしまいました。
「ラジオ広告」と聞いた時、どうイメージしますか?普段ラジオよく聞いている人なら、ラジオでも通販の広告があるのはご存知ですよね。

民放のAMやFMでは、番組を聴いているとその合間にはテレビみたいにコマーシャルが入りますよね。
またラジオ広告にはもう一つ、プログラムとして商品を紹介したりすることもあります。パーソナリティをはじめ番組出演者が、「今年の人気の商品は○○」「美容の△△の悩みなら■■がいいですよ」などのように、その商品を紹介しています。時には広告主の企業のその商品担当者も出演したりと、より訴求効果が高くなるような演出をしています。最近ではインターネット通販やテレビの通販で、様々な商品を購入する人が増えています。

また他にも「ラジオ通販」があるのをご存知ですか?前にラジオを聴いたのはいつだったか?という人もいるかもしれませんが、通販好きな人なら、ラジオのラジオショッピングもいいものがありますよ。ラジオ通販の場合、商品紹介を耳で聴くだけですから、とても想像しやすく紹介の商品が目に見えるように感じられます。

思ってもいなかった商品に魅力を感じることもあります。

自宅に居ながらサクッと注文ができるので、時間を有効に使うことができます。ラジオショッピングの特質は、ラジオ局及びグループ企業が行うラジオショッピングは、扱う商品には局ごとに特徴の違いがあるが、比較的手広く扱っています。
事例としては、デジカメやPC、加湿器取り付けを含むエアコンなどの電化製品から貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、果ては、トイレのリフォーム請負も取り扱われたりします。今やそんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。

スポンサー通販においても、家電・精密専門主体の通販会社と、美容・健康関連の商品が主体の通販会社があります。お正月休みを海外旅行に行くという人もいるのではないでしょうか?ハワイに行くのはごく普通になりましたが、やっぱり年末年始となると話は違います。
ハワイでも韓国でも、韓国にしても、外国語が話せなくても不自由はないのではないでしょうか。

それでもトラブルがあった時には、伝えにくいものです。そんなときに役立つのが、ラジオショッピングで紹介していた携帯翻訳機なんです!ラジオショッピングで購入したドライブレコーダー。今日、やっと来ました。午前中の配達時間指定だったので、いつかいつかと朝から待っていましたが、ヤマトの配達のお兄さんが来たのがちょうど12時でした。

ギリギリ午前中に届いたということですね。無事にドライブレコーダーを受取りました。夕方までに、車に付けようと思います。

日本の民間ラジオ放送局のほとんどは、ネットワークの組織に加入していて放送網が成り立っています。AMラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegalopolisRadioNetworkとなります。さらに、NHK-FM放送と放送大学以外の(NHK-FM放送及び放送大学は除く)だけども、全国FM放送協議会とメガネット、全国FM連合は他のネットワークより、同ネットワークとしての関係はさほど深くはありません。情報の交換に番組の一部販売、不定期での共同キャンペーンを行うだけとなります。

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオ放送を媒体として放送されるショッピング番組です。
通信販売の一形態となります。日本の場合は、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、別の番組として放送されるショッピング番組です。

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、文化放送開発センターによって、1973年(昭和48年)に開始したことが始まりです。エアコンは使うことが少ないのですが、さすがに気温が40度ともなると、つけざるを得ません。しかし、どうしてもエアコンの電気代が気になります。

ラジオで聴いたのですが、最近のエアコンは省エネがあたりまえのようで、どのエアコンも1時間つけて2円ほどの電気代です。ラジオショッピングで紹介していたエアコンに買い替えしたくてたまりません。

ラジオショッピング開始当初は、ラジオ局やそのグループ企業が行うラジオショッピングが主流でしたが、ラジオ業界の広告収入の減少により、現在はスポンサー通販が増えてきています。ラジオショッピングは、民放のラジオ局あるいはその関連企業が行うものと全く別の通販会社などが、商品販売のための広告主による通販とに分けられます。

ラジオって誰が聴いているの?若い世代の人にはなじみが薄いのではないでしょうか。まず、ラジオを聴く人の男女比は半分ずつなんです。50代、60代、70代以上と年齢が上がるにつれて、ラジオを聴く人の割合も上がってきます。それと、都市部より地方に住んでいるリスナーの方が多くなります。

ラジオを聴く習慣のある人の割合では、東北・九州などの都道府県が占めています。
都会の若者などからは想像しにくい形で、ラジオを常日頃聴く人が今も一定数存在しています。ラジオショッピングは昔からラジオでしている通信版倍の一形態です。

主に商品の紹介は、ラジオパーソナリティです。

ラジオ通販ではおすすめ商品として短い時間紹介されます。ラジオパーソナリティの言葉や話し方によって商品にいいイメージを持たせることもできます。
なのでラジオ通販は商品を確認して買いたい人には不向きです。
といっても、紹介された商品を買った人の中には、ラジオパーソナリティに親しみを感じているとその商品にも親しみを感じるようです。
ラジオ通販はラジオというメディアなので、テレビの画像や印刷されたものとは違って、商品を目で見ることができません。

そのため、販売元や商品の製造元の実績や評価がラジオ通販では大切なことです。
12月になると、おせち理の予約のラストスパートです。ラジオのショッピングCMでもおせち料理の予約をせかされますね。
(笑)家では毎年おせちはネット注文しています。大きな会社のおせちは、まあ内容はどこも似たり寄ったりです。そういう理由からか、予約特典などをつけて差別化を図っています。快適生活ラジオショッピング@ABCラジオで聴いたあの商品をチェック!