ラジオショッピングって、いつからあるの?

ラジオショッピング(Radio Shopping)は、ラジオ番組内で放送されるショッピング番組をいい、通販の一つです。

日本の場合は、民放ラジオ局のワイド番組の中に挿入されるか、独立した番組として流されるショッピング番組のことをいいます。このようなラジオショッピングは文化放送の関連会社・文化放送開発センターが昭和48年に初めて放送されました。

日本国内の民間のラジオ局の大部分が、ネットワークの組織に加入していて放送網が形成されています。

AMラジオはJRNとNRN、FMラジオはJFNとJFL、MegaNetです。それと、NHK-FM放送と放送大学以外が属する全国FM連合があります。
(全民放FM局が参加)但し、JFLとMegaNet、全国FM連合は他に比べ、ネットワークとしての関係性は密な関係ではありません。
情報の交換に番組の一部販売、定期的ではない合同キャンペーンなどに留まります。ラジオ通販番組は昭和の時代から流れている通信販売の一つです。商品を紹介する多くは、そのラジオ番組のラジオパーソナリティにより行われます。

ラジオ通販ではおすすめ商品として短い時間紹介されます。

商品紹介者の話し方などによって商品の印象が違ってきます。

そのためラジオショッピングは、実際の商品を見て注文したい人には向いていません。ですが、注文した人の中には、ラジオパーソナリティに親しみを感じているとその商品にも親しみを感じるようです。
ラジオショッピングは、ラジオ局自身またはグループ企業によって放送するラジオショッピングは、扱う商品には局ごとに特徴の違いがあるが、例として、パソコンやデジカメ、ヒーター、加湿器、エアコンなどの電化製品から貴金属やブランド牛肉・ふぐ刺しなどの食品、仏壇からトイレのリフォーム請負までもあったりします。
今やそんなラジオショッピングの多くはスポンサー通販が占めています。

スポンサー通販でも、家電専門的傾向のある場合と、美容・健康関連品・生活雑貨などが主体の場合とがあります。通信販売とは、小売業態の内の無店舗販売の一つです。

販売店舗ではなく、媒体を使って品物をアクセスした消費者から注文を受けます。近年のネット端末の普及で通信販売といえば、ネットのサイトによるものを指すことが多いです。

今の通販業者は、実店舗を持たない業者だけでなく種々雑多です。当初のラジオショッピングは、民放ラジオ局とそのグループ企業により放送するラジオショッピングが一般的でしたが、近年はラジオ業界の広告収入減に伴って、現在はスポンサー通販が増えてきています。

そもそもラジオショッピングは、民放ラジオ局自体かグループ企業が行うものと全く別の通販会社などが、自社製品販売のためのスポンサー通販に分けられます。ラジオショッピングにおいて、メディアの性質上、印刷物やテレビとは違うので、実物のイメージが目に見えません。なので、通販会社や商品のメーカーの評判や信頼性を見ることがラジオ通販では必要です。
ラジオの広告に、どんなイメージを持っていますか?普段ラジオをよく聞いている人なら、ラジオでも通販の広告があるのはご存知ですよね。

AM・FMに関係なく、番組の間にはテレビと同様にCMが流れていますよね。それとは別にラジオ広告には、番組で商品を紹介するものもあります。番組のパーソナリティ・出演者によって、「今、話題の商品は○○」「美容の△△の悩みなら■■がいいですよ」のように商品を紹介しています。

あるときは、広告主企業の担当者へのインタビューも交えて、より訴求効果が高くなるような演出をしています。

今ではWEB通販やTV通販で、様々な商品を購入する人が増えています。
その他にも意外と人気なのが「ラジオ通販」なんです。ラジオはめったに聴かないという人が増えているかもしれませんが、通販で商品を買うのが好きな人は一度、民放ラジオのラジオ通販という手もありますよ。ラジオショッピングでは、商品については聴くだけなので、とても想像しやすく商品の説明や効果を紹介してくれます。
以外にも、思いがけない商品が見つかることもあります。自宅に居ながらサクッと注文ができるので、時間を無駄にせず買い物できることも魅力です。

通販会社がラジオショッピングを行う利点は、テレビショッピングと比べ、リスナーも「直接見て注文したのではないからイメージと違うことはある」と納得しているためか、商品が到着した時に、「こんな感じだとは思っていなかった」というようなクレームが少なくテレビと比べ返品も大幅に少ないといわれています。ラジオショッピングを行っている企業としても、テレビでの通販より比較的少ない予算でもできる特長があるので、大企業から中小企業まで様々な規模の企業が参入しています。はぴねすくらぶの今日のラジオ通販FM横浜オンエアー商品